エンタメ

【オモウマい店】茂三郎店主の出身地は?年齢や家族・意外な特技も!

日本テレビ系列「オモウマい店」で紹介されたそば処『會津野茂三郎』の人気がスゴイんです!

人気の理由は何といっても店主(本名:五十嵐 茂さん)の人柄やキャラクターですよね!笑

弟子志願者も増え続け、現在の弟子の数は61人にまでなっています。

【オモウマい店】茂三郎の店主が人気の理由3つ!行きたいの声も!

 

そんな爆発的人気で毎回神がかった笑いが舞い降りる愛されキャラ、『會津野茂三郎』の店主について、もっともっと知りたくありませんか?

 

そこでこの記事では、【【オモウマい店】茂三郎店主の出身地は?年齢や家族・意外な特技も!】としてリサーチします。

この記事でわかる事

・茂三郎店主の出身地
・茂三郎店主の年齢
・茂三郎店主の家族
・茂三郎店主の意外な特技

茂三郎店主の出身地・なぜ埼玉に?

『會津野茂三郎』の店主の出身地は福島県の高田町で、現在の美里町だそうです。

店名に『會津』とありますし、会話に東北のイントネーションを感じましたが、やはり茂三郎店主は福島県出身のようです。

 

有限会社クリーンサービスのHPにこのような記事を見つけました。

高田ご出身の会津人が埼玉県滑川町で営んでおられます、会津にこだわったお蕎麦屋さん『會津野 茂三郎』さんです! 引用元:農場日誌~会津野たより~

『ふるさと”会津”つながりのご縁で、またステキな出会いがありました。』として會津野茂三郎が紹介されていて、その中でしっかり”高田ご出身の会津人”として店主が紹介されています。

茂三郎店主が埼玉へ来た理由

茂三郎店主が埼玉に移り住み蕎麦屋をしている理由、それは単に寒さが嫌で老後は暖かいところでと思い逃げてきただけなんだそうです。

 

とは言っても、現在お住いの埼玉県滑川市も冬の寒さはあり、寒い日の朝、店主は旧ソ連時代に旅行した時に購入したというかぶり物を出してきました…と弟子40番の南さんが暴露しています。笑

それでもまだ、東北の寒さよりはマシなのかもしれませんね。

もしかしたら寒さ以外にも、埼玉には蕎麦を打つにあたり、適した何かがあったのかもしれません。

茂三郎店主と埼玉の縁

そんな中、茂三郎店主はある事を発見したようです。

 

茂三郎店主によると、會津総鎮守の伊佐須美神社には、歴史上の人物のイザナギ、イザナミ。オオヒコ、タケヌナカワワケの4柱が祀られているそうですが、永くオオヒコ、タケヌナは伝説の人物と思われてきたそうなんです。

ですが、埼玉古墳群からオオヒコの名が刻まれた鉄剣が発掘されたそうで、オオヒコと兵、すなわち埼玉県人と會津はDNAを同じくするという事がわかりました。→ 歴史上の詳しい話はこちら

 

それらを考えると、會津野 茂三郎がこの埼玉の地で蕎麦屋を営むのも何かの縁なのかとも思うそうです。

茂三郎店主と伊佐須美神社

お話にも出てきました伊佐須美神社ですが、なんと茂三郎店主は伊佐須美神社の総代を務めているそうですよ。

伊佐須美神社の宮司さんも『會津野 茂三郎』を訪れています。

そんな事から、會津の観光や、伊佐須美神社に行く話があったら相談にのってくれるそうです。

特別参拝の手はずを整えて下さるそうですよ!

・所在地…〒969-6263 福島県大沼郡会津美里町宮林甲4377
・電話…0242-54-5050
・営業時間…9:00~16:00

これらの情報は會津野 茂三郎HPを参考にしました。

茂三郎店主の年齢

『會津野茂三郎』の店主の年齢は、2022年10月現在73才です。

 

こちらのとあるライセンスをご覧ください。

こちらは『會津野茂三郎』の店主が自身のTwitterで見せたご自身のライセンスです。

名前は、MR.SHIGERU IGARASHI と記載されていて、オモウマい店で紹介されている『會津野 茂三郎』の店主の名前・五十嵐 茂さんと同じこともわかります。

なので生年月日は1949年2月26日で間違いなく、現在の年齢は73才のようです。

茶目っ気たっぷりな73才ですね~!

年齢を重ねても、この茶目っ気がみんなから愛される理由ですね、きっと。

茂三郎店主の家族・妻や子供は?

『會津野茂三郎』の店主の家族についてわかっていることは、お孫さんの存在です。

 

『會津野茂三郎』の店主のTwitterで『番外弟子。孫』として蕎麦切りしている、お孫さんと思われる男性の写真がアップされていました。

お孫さんの年齢は不明ですが、高校生以上に感じます。

蕎麦の切り方も、素人目にはとても上手に感じます。

きっと、お爺ちゃんにとっても、他の誰が切った蕎麦より美味しいに違いありませんね!

茂三郎店主の妻や子供

『會津野茂三郎』の店主の妻や子供が何人いるかなどの情報は見つかりませんが、店主は結婚されていて子供もおり、少なくとも孫は1人いる事がわかりました。

 

また、家族は今も福島県に在住の可能性があります。

2015年1月30日時点では、『會津野 茂三郎』店主の住所はまだ福島に置いたままで、よって店頭に停めてある車も会津ナンバーだと言うことが、お客さんの情報からわかっています。

茂三郎店主の経歴

実は『會津野 茂三郎』店主は、蕎麦職人になる前は會津で公務員をしていたそうなんです。

店名にもある茂三郎は蕎麦屋を営んでいた祖父の名前で、店主は一念発起して蕎麦屋を始めたそうです。

 

正確にいつから蕎麦の道に進まれたのかは公表されていませんが、弟子40番の南迅人さんが、2021年12月1日、師匠に開店記念の花を送っています。

開店から18年と1日?と取れるコメントがありますね。

 

18年前というと、『會津野 茂三郎』店主が55ですね。

だとするとご家族は、既に長年住み慣れた場所で、築いた生活を守られている可能性が高そうです。

茂三郎店主の意外な特技

『會津野茂三郎』の店主の特技は勿論蕎麦打ちでしょうが、それは”意外”ではないですね。笑

店主の意外な特技は『』です。

 

先程、年齢の所で参考にさせていただいたライセンス!

実は、B級やA級ライセンスではなくインター、つまり国際ライセンスだったんです!

 

『會津野 茂三郎』店主は、なんとかつてはレース場を走り回った事もあり、車の専門誌に登場した事も一度や二度ではないそうなんですよ!!

今でもライセンスは更新し続けているそうです。

 

なので、お客さんの乗ってきた車にも興味津々。

ある日ポルシェで来店したお客さんの話から、このような店主の意外な特技の話を知ることが出来ました。

 

そういえば畑の移動手段もこんな感じ!

『會津野 茂三郎』店主は、モータースポーツ系はお手の物のようです。

ますますファンキーな『會津野 茂三郎』店主の魅力が増しちゃいましたね!

オモウマい店の記事はこちら↓↓↓

【オモウマい店】茂三郎店主が弟子に出資?40番の店舗はどこ?2022年10月4日放送の「オモウマい店」で、遂に『會津野 茂三郎』店主の弟子40番・南迅人さんが卒業されました。 茂三郎...

まとめ

今回は【【オモウマい店】茂三郎店主の出身地は?年齢や家族・意外な特技も!】としてご紹介しました。

「オモウマい店」の中でも特に人気の高い、『會津野茂三郎』の店主についてわかったことはこちらです。

・名前…五十嵐 茂
・生年月日…1949年2月26日
・年齢…2022年10月現在73才
・家族…妻・子供・孫あり(子供や孫の人数性別は不明)
・特技…車(国際ライセンス有)

実に興味深く愛されキャラの店主について、少し知ることが出来ました。

また新たな情報がわかりましたらご紹介しますね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。