エンタメ

富岡涼の現在の職業や身長は?子役時代の引退理由や復帰についても!

2003年にシーズン1が放送されたフジテレビ系ドラマ『Dr.コトー診療所』の劇場版が2022年12月16日に公開になります。

ドラマの主要メンバーがそのまま出演されるのは嬉しいですよね!

 

特に、時任三郎さんが演じる志木那島の漁師・原剛利の息子(たけひろ)役を演じた富岡涼さんはシリーズ2後に芸能界を引退していて、今回の映画のためだけに役者復帰をされています。

富岡涼さんは現在どんな職業に就かれているんだろう?当時は子役だったけど、現在はどのくらい成長して、身長もどのくらい高くなったんだろう?など気になりますよね?

 

そこでこの記事では【富岡涼の現在の職業や身長は?子役時代の引退理由や復帰についても!】として、久々に登場する富岡涼さんの現在や子役時代についてリサーチします。

この記事でわかる事

・富岡涼の現在の職業や身長
・富岡涼の子役時代
・富岡涼の引退理由
・富岡涼の復帰

富岡涼の現在の職業や身長は?

富岡涼さんが役者を引退して以降の16年間を調べてみましたが、気になる富岡涼さんの現在の職業身長は公表されていませんでした。

幾つかの情報から推察したいと思います。

富岡涼の現在の職業

富岡涼さんの現在の職業は語学を生かし、国際的視野を入れたグローバルな職業に就かれている可能性が高いと考えます。

 

というのも、調べると『富岡涼・医師』とのサジェストが見られましたが、こちらは富岡涼さんが『Dr.コトー診療所』の劇中で演じた役柄の影響が強い思われ現実味に欠ける情報のようでした。

そして、そんな少ない情報の中に、富岡涼さんが獨協大学の軽音部の「スウィンギングキャッツJ.O」の部長をされているというものを見つけました。

 

こちらは『獨協大学同窓会』のFacebookの中で、軽音部「スウィンギングキャッツJ.O」の部長がコメントを出されていることが元ネタなのですが

  1. 部長の名前が富岡涼さんと同姓同名なこと
  2. 2014年5月14日投稿時に(英語3年)と記載された学年らしきものが富岡涼さんと合致すること

などの理由から、獨協大学軽音部「スウィンギングキャッツJ.O」の部長が富岡涼さんご本人の憑性の高さを感じました。

 

そう仮定すると、獨協大学は英語を中心とした外国語の運用能力を養成することに長けている大学ですし、富岡涼さんの現在の職業は語学を生かし、国際的視野を入れたグローバルな職業に就かれている可能性が高いと考えられるのではないでしょうか?

 

少なくとも映画出演となると、撮影の為に不定期かつ長期間仕事を休まざるを得ない事が考えられます。

今回富岡涼さんが『Dr.コトー診療所』劇場版に出演出来た事を考えると、富岡涼さんの現在の職業はそれらに理解があり、個人の活動にも好意的にグローバルな視野で見てくれる職業なのだと思われます。

富岡涼の現在の身長

富岡涼さんの現在の身長も公表はされていません。

ですが、16年の時間を経てすっかり少年から成人になられています。

日本人男性の平均身長は171.6㎝とされていますが、現在公開されている資料からでは、現在の富岡涼さんの身長を推察することが出来ませんでした。

今後共演者との並び映像等が出ましたら推察して追記します。

富岡涼の現在は結婚してる?

富岡涼さんの2022年現在の年齢は29歳ですので、年齢的には結婚されている可能性もありますが、現在そのような情報はありません。

 

富岡涼さんは子役として幼い頃から大人の中に混ざって仕事をされてきた分、実年齢よりも精神年齢が高いようにも感じます。

もしも富岡涼さんが現在結婚されていたとしたら、とても落ち着いた、しっかりした旦那さんになっていそうですね。

 

富岡涼さんの結婚情報についても、わかり次第追記致します!

富岡涼の子役時代の引退理由

富岡涼さんは2002年~子役として活動され、2006年の『Dr.コトー診療所』第2シリーズ後に芸能界を引退しています。

当時の富岡涼さんの引退理由は『学業に専念する』とのことでした。

 

富岡涼さんは11才~12才で小学校を卒業するタイミングだったので、中学校進学を機に学業に専念しようと考えたのが引退理由だったのだと思われます。

 

『Dr.コトー診療所』で富岡涼さん演じた剛洋(たけひろ)くんが、コトー先生に命を助けられた事をきっかけに医者を目指し、迷いに迷いながらも島を離れ都会の中学校へ進学した光景が浮かびますね。

現実の富岡涼さんも迷いに迷って、役者の道を離れ学業の道に進む決断をされていたのかもしれません。

富岡涼が子役になったきっかけ

そもそも富岡涼さんが子役になったきっかけは、小学校2年生の時にテアトルアカデミーの新聞広告を見て自ら応募した事でした。

自発的な意思と行動力の伴う子供だったことがわかりますね。

 

引退する時もまた、自らの意思で考えて行動されたのではないでしょうか?

富岡涼が子役時代の作品

富岡涼さんの子役時代を振り返ってみると、活動期間は実に4年間だったことがわかります。

その4年間の間に富岡涼さんは単発のテレビドラマ『ほんとにあった怖い話』や『弟』、大河ドラマ『義経』、CM『toto(スポーツ振興くじ)』など多くの作品に携わっていました。

 

中でも、映画『小さき勇者たち~ガメラ~』は主演作となっています。

 

そして何といっても『Dr.コト―診療所』シリーズですよね~。

『Dr.コトー診療所』の壮大なテーマや人間味あふれた出演者は、9才~11才間の富岡涼さんに大きな影響を与えたのではないかと思われます。

改めて、当時の富岡涼さんの引退を惜しむ声が多かったことが想像できますね。

そんな方々にも富岡涼さんの今回の劇場版『Dr.コトー診療所』出演は嬉しいサプライズだったのではないでしょうか。

富岡涼の復帰はある?

前述したとおり、富岡涼さんは今作品の為だけに役者復帰したとされ、今後の芸能活動復帰の予定は一切出ていません。

 

ですが、富岡涼さんは劇場版『Dr.コトー診療所』出演のオファーがあった時の思いや、撮影に参加した時の様子を次のように語っていました。

特に印象に残った言葉はこちらです。

・『監督から声をかけて頂いたことがすごく嬉しくて
・『ドラマの中で体験していたことを鮮明に思い出して気持ちがどんどん強まった
・『島のみんなの中に久しぶりに帰ってきたような、里帰りしたような感覚

これは、富岡涼さんが『Dr.コトー診療所』の中に戻った時の気持ちを綴られたものですが、演者としての気持ちにも通ずることがあり得るかな…と感じました。

16年ぶりに役者としての感覚や世界観に嬉しさ強い気持ち里帰りしたような感覚が蘇ったら、役者として完全復帰される未来があるかもしれませんね。

まとめ

今回は【富岡涼の現在の職業や身長は?子役時代の引退理由や復帰についても!】としてまとめました。

学業に専念するために引退してから16年、富岡涼さんが劇場版『Dr.コトー診療所』に帰って来ます。

富岡涼さんは本作の為だけに役者復帰されたそうです。

現在の職業は、語学を生かした仕事に就かれているのではないかと推察しましたが、今後、また役者として完全復活される可能性もゼロではないのではないかと期待します。

2022年12月16日公開の『Dr.コトー診療所』の劇場版が楽しみですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。