エンタメ

アニーは安子で確定にがっかりの声?カムカムの気になる伏線回収!

NHKの朝ドラ『カムカムエブリバディ』が、いよいよ最終週を迎えています。

最終週を迎えても謎が多く、ネット上では様々な憶測が飛び交っていましたね。

その一つが、物語終盤に登場したハリウッドからの視察団の一員の『アニーヒラカワ』が、忽然と姿を消した初代ヒロインの『安子』なのでは?ということだったのではないでしょうか?

「最終回までに間に合わないのでは?」とまで言われた謎解きの、残すところあと4日の怒涛の伏線回収に最後まで目が離せません。

判明していない謎をおさらいして、最後まで『カムカムエブリバディ』を楽しみたいですね!

この記事では

・アニーヒラカワは安子に確定!
・残りの伏線回収

について調べていこうと思います。

アニーヒラカワは安子で確定にがっかりの声?

4月5日の放送で、『アニーヒラカワ』が『安子』である事が確定しました。

アニーヒラカワの登場時から、『アニーは安子なのでは?』の声がネット上で上がっていましたが、以下のことから『アニーは安子ではない』との声も上がり真相判明を待ちわびていました。

・アニーヒラカワはアメリカのシアトル生まれ
・アニーヒラカワは日本に来たことがない
・アニーヒラカワは日本語が喋れない

しかし、劇中でアニーヒラカワがラジオ出演した際に話題に上がった映画は、愛する旦那様稔さんと観た忘れられない映画でした。

一気に感情が蘇ったアニー(安子)は、関を切ったように自身の身の上話を始めたのです。

「~前略~ 私は娘を連れて家を出ました。貧しくて苦労もしましたが幸せでした。あの日娘の顔に傷を付けてしまうまでは。私は娘を連れて夫の実家に戻りました。でも、歯車は狂たまま戻りませんでした。若かった私は自分の気持ちばかりで、大切な娘の気持ちを見失っていました。幼い娘の胸の内を本当にはわかっていませんでした。
るい!るい!!お母さんあれから何べんも考えたんよ。何でこげなことになってしもたんじゃろう。私はただるいと2人ありふれた暮らしがしたかっただけじゃのに。じゃけど私はもう向き合うことが出来なんだ。ただ消えてしまいたいと思った。るいの前から消える事がただひとつの終わり方で、祈り方じゃ、そげん思った。
るい!おいしゅうなれ、おいしゅうなれ・・・」

紛れもなく、アニーヒラカワが安子だと確定した瞬間でした。

これには少しがっかりしたような声もありました。

あんなに大切にしていたるいを置いて出て行ったにしてはふっきれてキラキラ仕事してるのが違和感ありすぎて。そういう人生を否定する訳じゃないけど、母親は自分のアイデンティティが子供子育てになるくらい必死でそれは安子も同じで、戦後常に憂いを帯びていた安子と繋がらない                                  引用元:twitter

恐らく、安子の渡米してからの生活や、嘘の経歴を並べなければならなかった経緯などが、一気に語られていくと思われます。

まだまだ気になる伏線回収

最終回まであと3日となりましたが、まだまだ気になる伏線がありますよね?

全て回収されるのでしょうか?

気になる伏線をおさらいしておきましょう。

和菓子『たちばな』は誰が継いだのか?

安子の岡山の実家は『たちばな』という代々続く和菓子屋で、一時は多くのお弟子さんを抱え賑やかに繁栄していましたが、戦争と共に人員が減り、遂には店も跡かたもなく消えてしまいましたよね。

長男である算太と安子で立て直すと思われましたがそれも叶わず、てっきり廃業を余儀なくされたと思われていました。

ところが時は流れ、かつて安子と稔が通っていた喫茶店での場面にネット上が湧きました。

当時の店主である定一さんの孫である慎一さんが供えたおはぎの包装紙に『たちばな』の文字があったのです!

おはぎと言えば、安子の実家の『たちばな』の看板商品でもあります。

安子の実家の『たちばな』は受け継がれているのでしょうか?

だとしたら誰が継いでいるのでしょうか?

トミー北沢と大月錠一郎クリスマスライブのポスターには『協賛:(株)たちばな』の文字があり、大規模な会社になっている可能性もありますね。

『たちばな』の現在はクローズアップされるでしょうか?

4月6日放送分で慎一から「たちばなのおはぎ」の新情報がありました!

現在『たちばなの店は横須賀にあり、岡山の百貨店にも出店している』そうです。

やはりあの少年が関係しているのでしょうか?→後程、関連情報記載

初恋『ビリー』は登場するのか?

安子の孫、ひなたの初恋の相手は可愛い外国人の『ビリー』でしたね。

ひなたはビリーと言葉を交わす為に一生懸命英会話を勉強しましたが、思うように言葉が出ないままビリーは母国へ帰ってしまいました。

とても切ない別れでした。

しかし、カムカムエブリバディの切っても切れないテーマ『英会話』。

ひなたの『英会話』の入口となった紛れもない重要人物ビリーの名が、いつまでたっても相関図から消えない事が話題になりました。

ビリーが再登場するのではないか?

そして、そのビリー役は、初回からナレーションを務めた城田優さんなのではないか?の期待を含めた再会が注目されています。

4月7日分の放送で新展開がありました!

なんと冒頭に城田優さんが、ひなたと共にラジオ英会話の講師として登場しました。

その名はWilliam Lawrence。

『ビリーではなかったか~』と一瞬思いますが、ウィリアムという名の愛称はビリーというそうです。

劇中では触れていませんが、やっぱり城田優が演じる人物はあのひなたの初恋ビリーかもしれません!

やはりビリーでした!

最終回でひなたとローレンスは出会いの場の条映太秦映画村に居ました。

ひなたの作成したテキストを元に、ローレンスがラジオ英会話を引き続いでいくそうです。

2人の会話から、安子はアメリカで100才を迎え元気にしている事もわかりました。

しかしそれだけでは終わりませんでした。

ローレンスの落としたキーホルダーが、昔ビリー少年の落としたキーホルダーと同じだったのです!

『ビリーと呼んで!ひなたと呼んでいい?』の何気ない言葉に、あの日何も答えられなかったひなたが流暢な英語で答えている今、胸が熱くなりますよね。

多くの人が、ひなたの初恋が成就しそうな空気を感じたのではないでしょうか?

 

城田優の朝ドラ降板は間に合わない理由!引退は避けられるのか?城田優さんの暴露話が止まりません。 芸能界の裏側を暴くことで話題のYouTubeチャンネル「ガーシーch【芸能界の裏側】」にて、城...

予告に現れた女性は誰なのか?

最終話の予告に一瞬映った女性は一体誰?

遠巻きに映し出された女性は、安子を演じた上白石萌音さんに見えます。

森山良子さん演じるアニーヒラカワが安子ではないと仮定したとき、この遠巻きに映し出された女性が安子の現在の姿なのでは?と思いましたが、アニーヒラカワが安子だと判明した今、この女性の存在が気になりますね。

渡米間もない若かりし頃の安子の、振り返りシーンでしょうか?

4月7日放送分で触れられていました。

安子は渡米後、村雨辰剛演じるロバート・ローズウッドのもとで生きてきたそうです。

安子の本名が『安子・ローズウッド』とのことで、渡米後はロバート・ローズウッドと再婚したことが伺えます。

ロバートは木漏れ日の様な人で、一家に守られ生活していた頃を振り返ったシーンが、予告にあったこの場面でした。

因みに、安子が名乗っていたアニー・ヒラカワの名は、安子が聞いていたラジオ英会話の講師『平川』と『安子→あんこ→アニー』からだそうです。

『トランペットの少年』

戦時中の孤児として現れ、喫茶店店主の定一の演奏するトランペットに魅了されていた少年が、るいの夫でありひなたの父の大月鍵一郎なのでは?の声が以前から上がっていました。

その後、鍵一郎の昔話から、ほぼ間違いなしとされてきましたが、深掘りされるのでしょうか?

4月7日の放送分で確証に触れられました。

錠一郎の「昭和23年のクリスマスにここで定一さんの”サニーサイドオンザストリート”を聞いた」の言葉に、アニーは自分も居たその場に錠一郎がいた事を知るシーンがありました。

回想シーンで、空き瓶をトランペットに見立てて演奏を真似るあの少年が映し出され、孤児の少年=錠一郎だという事が再認識されました。

闇市の少年

安子が戦後間もない頃に父親と『たちばな』再建に挑んだ時、闇市でおはぎを盗んだ少年も気になります。

おはぎ繋がりで、『たちばな』の味を引き継いでいるのがこの少年ということはないでしょうか?

姿はあらわれませんが、たちばなのおはぎの話題になる度にネット上ではこの少年の存在が浮上しています。

4月8日の最終回で、やはりあの闇市で出会った少年が「たちばな」としておはぎを売っていることが判明しました。

おはぎに添えられた『たちばな』の店を始めた経緯によると、”闇市っでおはぎを売っていた男性(安子の父)が商いの面白さを教えてくれた、そこに「たちばな」の旗があがっていた”とのことです。

『たちばな』の名を継いでくれていたのですね。 

その他の気になる面々

思い起こせばこれまでに登場した人物たちの中にも、気になる面々がいますね。

安子の娘るいの初デートの相手、片桐晴彦役で登場した風間俊介さんも気になります。

ネームバリューのある俳優を起用しながらも『もう終わり?』と思うくらいの短い登場期間だったことが気になった方も多いのではないでしょうか?

本当にもう登場しないのでしょうか?

残念ながら風間俊介さんの登場や後日談はありませんでした。

 

安子の幼馴染で、安子のことならなんでも把握している友達の『絹ちゃん』の存在も気になります。

絹ちゃんの情報は、結婚して子供を出産したところでおわっていますよね。

4月8日の最終回にきぬちゃん登場しました!

といっても、きぬちゃんの孫のカナちゃんとして。

カナちゃんによると、お父さん(カナちゃんの祖父)が亡くなってからすっかり弱ったきぬちゃんは只今入院中。

ある日、ラジオで聞いた安子の声に『安子ちゃんじゃ』と目を輝かせ、会いに行くと言っているそうです。

そして、このカナちゃんに一目ぼれをしたのがひなたの弟の桃太郎。

2人は結婚して、回転焼き大月を継いでいます。

因みに、かなちゃんが油揚げをお土産で持ち寄っていることから、実家のお豆腐屋さんも健在のようです。

 

安子とるいがラジオの英語講座に出会うきっかけとなった小川澄子を思い出させる伏線回収が見られた今、細かな伏線回収がまだまだあるのではないかと期待が高まりますね!

 

まとめ

この記事では、「アニーは安子で確定にがっかりの声?カムカムの気になる伏線回収!」としてまとめました。

大人気だった『カムカムエブリバディ』が最終週を迎え、アニーヒラカワが安子だったことが確定しました。

他にも気になる伏線がどう回収されるのかが気になりますね。

残すところ3日となっても謎の多い『カムカムエブリバディ』から目が離せません。

最終話を迎えてしまうのが寂しいですが、最後まで思いっきり楽しみたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。